スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電源投入時に関連付けをさせる

えー、相も変わらず、アホなことを考えては失敗する日々が続いております。ヽ(゜▽。)ノ

さて今回は、便利なマルチプレーヤーTCPMPの使い勝手をもう少し向上させることができないか?と言うことで、電源投入時に".pls"ファイルをTCPMPに関連付けさせると言うことをやってみました。

TCPMPは一度起動すれば電源を切るまで".pls"ファイルをプレイリストとして扱います。
なので、関連付けが済んでいればエクスプローラーから直接".pls"ファイルをタップするだけで目的のリストの音楽などを呼び出すことができます。

通常では、電源ON→マヨでバッチ実行→ナビ起動、と言った流れになるのでしょうが、SDカード毎に全てマヨを入れなければいけなくなり、管理が面倒になります。(私だけかもしれませんが)

そこで、Flash Disk側での動作に手を加えてみることにしました。
毎度おなじみ前提条件
・全て自己責任
・PCとナビの接続ができていること(ActiveSync)
・事前のバックアップは忘れずに
・置き場等、違うところは各自置き換えて読んでください


※ファイル配置は下記のようになっています。

モバイルデバイス
├\Flash Disk
│ │ XStartUp_org.exe  :オリジナルのXStartup.exe
│ │ XStartUp.exe    :マヨをリネームした物
│ │ Mayonnaiser.txt  :毎度おなじみ設定ファイル
│ │ XXXXX.MNP     :マヨのプラグイン群
│ │ cali.dat        :たぶんタップ補正データ
│ │
│ └\Flash Disk\app\
│  │ エクスプローラ.lnk :エクスプローラへのリンク
│  │
│  ├\Flash Disk\app\Mayo_OUT\
│  │ JXACOUT.exe   :マヨをリネームした物
│  │ Mayonnaiser.txt :ダミー用マヨ設定ファイル
│  │ Wait.MNP    :マヨのウェイトプラグイン
│  │
│  ├\Flash Disk\app\TCPMP\
│  │ Player.exe   :TCPMP本体
│  │ その他ファイル群:省略(ぉ
│  │
│  ├\Flash Disk\app\LPlog\
│  ├\Flash Disk\app\Mayopush\
│  ├\Flash Disk\app\MayoTask2\
│  └\Flash Disk\app\PopUpMenu\

└\Storage Card
 │  Anygo.exe :オリジナルファイル
 │
 └\Storage Card\!Playlist\
   XXXXXX.pls :プレイリスト群(複数)


ナビは電源を投入すると、ROMからWinCEを展開し、その後Flash Disk内のXStartUp.exeによって、言語設定などを行っているようです。(オリジナルのXStartUp.exeを動かさないと全て英語表記になりました)
私はナビを使わずに音楽再生のみで使用することがあるので、今回はAnygo.exeではなくこっちのXStartUp.exeを変えてみることにします。


1.「\Flash Disk」を開き、オリジナルの"XStartUp.exe"を""XStartUp_org.exe"にリネームする。


2.Mayonnaiser.txtを以下のようにする。

#
# Mayonnaiser 動作設定ファイル
#
# TCPMPの関連付け
:EXEC
\Flash Disk\app\TCPMP\Player.exe

# ×ボタンを押す
:TAP
310,10
#通常起動開始
:EXEC
\Flash Disk\Xstartup_org.exe
#
# End of File


3."Mayonnaiser.exe"を"XStartUp.exe"にリネームし、マヨのプラグイン・設定ファイルと共に「\Flash Disk」にコピーする。


4.ナビを再起動する。


起動時間が数秒遅くなりますが、これでエクスプローラーからプレイリストを直接洗濯して開けるようになります。d( ̄▽ ̄;)
ここで一緒にKillJXACOUT.EXEを常駐させても全く問題ありませんが、後述する件のためにあえて入れてません。

弊害として、何故か画面左上にBlueToothのマークが出てしまいます。
これはXBlueTooth.exeが悪さをしているようですが、本体右のBTボタンを一度押せば消えますので、特に大きな問題にはならないかと思われます。
・・・邪魔だけど。( ̄▽ ̄;)

また、次の設定を入れておくことにより、起動メニューを変更してみるでハマった罠を回避できるようにしました。


5.「\windows」を開き、"explore.lnk"(非表示になっている場合はエクスプローラのオプション設定を変更する)を「\Flash Disk\app\」にコピーし、"エクスプローラ.lnk"にリネームする。
(表記が気にならないならやらなくて良いです)


6.[2.]で書き直したMayonnaiser.txtを以下のように変更する。

#
# Mayonnaiser 動作設定ファイル
#
#非常用ショートカットのコピー
:COPY
\Flash Disk\app\エクスプローラ.lnk
\Windows\デスクトップ\エクスプローラ.lnk
#
# TCPMPの関連付け
:EXEC
\Flash Disk\app\TCPMP\Player.exe

# ×ボタンを押す
:TAP
310,10
# TCPMPの関連付け終了
#
#通常起動開始
:EXEC
\Flash Disk\Xstartup_org.exe
#
# End of File


7.ナビを再起動する。


こうすることで、毎回デスクトップ上にエクスプローラのショートカットが現れるため、もし全てのプログラムを終了しても再呼び出しが可能です。
場合によってはエクスプローラでなく、PUMや迷task弐などを呼び出しても良いでしょう。

さらにおまけとして、こんな実験もやってみました。

JXACOUT.exeを毎回上書きして封じる

・・・危険ですねぇ。( ̄▽ ̄;)
まぁ、駄目だったら泣く、と言うことで。(マテ
今回はマヨをJXACOUT.exeに上書きし、1ms後(だっけ?)に終了させるようにしてみました。

色々混ざると後が面倒なので、「\Flash Disk\app\Mayo_OUT\」に上書き用マヨを用意。
そして以下の手順を実施します。


8.[6.]で書き直したMayonnaiser.txtをさらに以下のように変更する。

#
# Mayonnaiser 動作設定ファイル
#
#非常用ショートカットのコピー
:COPY
\Flash Disk\app\エクスプローラ.lnk
\Windows\デスクトップ\エクスプローラ.lnk
#
# TCPMPの関連付け
:EXEC
\Flash Disk\app\TCPMP\Player.exe

# ×ボタンを押す
:TAP
310,10
# TCPMPの関連付け終了
#
#JXACOUTダミー用マヨのコピー
:COPY
\Flash Disk\app\Mayo_OUT\JXACOUT.exe
\Windows\JXACOUT.exe
:COPY
\Flash Disk\app\Mayo_OUT\mayonnaiser.txt
\Windows\mayonnaiser.txt
:COPY
\Flash Disk\app\Mayo_OUT\Wait.MNP
\Windows\Wait.MNP
#
#通常起動開始
:EXEC
\Flash Disk\Xstartup_org.exe
#
# End of File



9.ナビを再起動する。


そして実際に起動すると、いつもの作動音はする物の10秒警告は表示されず、代わりに画面中央に砂時計が数秒間表示されただけで終わりました。ヽ( ̄▽ ̄)ノ

弊害001


ただ、この砂時計が微妙に邪魔なので、単純に起動したらすぐ終了するようなダミープログラムの方が良いと思われます。(私は作れませんが)
今回は手元にある物で実験したのでマヨを選択しましたが、この手のダミープログラムってあるんでしょうか・・・?
もし実現できれば、KillJXACOUTも常駐させなくて済むんでしょうけどね。=w=;


・・・と書いた後に、マップ拡大縮小のレバー動かしたら反応しませんでした。orz
やっぱり現状ではKillJXACOUT&MayoPushの方が良さそうです。><;;;



長々とお付き合いいただきありがとうございました。
また次の実験があったらお会いしましょう。>w<b
スポンサーサイト

theme : カーナビ
genre : 車・バイク

comment

Secret

No title

なんだかいろいろ情報がありますね
試してみないことにはコメントもできないやw

JXACOUTの上書きについてはCOPY上書きはOKというあたりこれは?思いましたが、そのあとは個人的に予想していた通りの結果でした。とはいえ、予想が実績になったので価値のある情報です。
やっぱり黒幕をどうにかしないことにはってところですね。それか、黒幕にJXが最後にやってそうなことを偽装して通知しないと。。。
たぶん、プロセス間で飛び交っているであろうWindowメッセージをインターセプトして覗き見していけば、JX→黒幕のあたりもわかる気がするんですが、ちょっと頭使いそうなので後回し(そのままスルーの可能性

No title

bitsさん>
やっぱり長すぎましたね。
読みにくくて申し訳ないです。■●_

黒幕・・・は・・・やっぱりCEそのものなんでしょうかね?
そっちの方はトンとわからないもので。( ̄▽ ̄;)
こちらも何か記事にできるようなのがあったらアップします。><b

No title

CEなのか、誰なのか。。。
KillJXで検知したときにMayopushではなくGetWCTList実行すれば犯人がいるかもですね。

TCPMP、ちょっといじってみましたがこれいいですねー。
いまのPUMの指定だとちょっとややこしいですが、TCPMPを先に起動して終了の手順を取らなくても、TCPMPを監視対象にしつつ起動の流れでTAP要求処理側でplsを実行にすればいけたりします。

PUM自体は起動対象→TAP要求と連続でやるので初回は.plsファイルが関連付けされてませんが、2回目以降はいけてます。(直接じゃなく、Mayopushでもなく、TAP指定にMayonnaiserでWait調整しつついけば初回でもこのままでもいけるかもです。)

なんとなくやれることのゴールが見えてきた感があります。>PUMというか、自分のRM-A4000利用スタイル?

いい情報ありがとでした♪

No title

bitsさん>
> TCPMP、ちょっといじってみましたがこれいいですねー。
色々やってみましたが、個人的にはこの方法が一番使いやすかったのです。d( ̄▽ ̄;)
起動した後、TCPMPだけ使うときもあり、ナビも併用するときもあり、プレイリストもその日の気分によって様々なので・・・(^^;
あと、メニューからエクスプローラーを開くと、デフォルトでプレイリストの入っているフォルダを表示させるようにしてある、と言うのも理由の一つかもです。
後はリソースの関係やら何やら・・・(気にするほどのことでもないでしょうけどね

> なんとなくやれることのゴールが見えてきた感があります。>PUMというか、自分のRM-A4000利用スタイル?
そうですね。だいぶ固まってきた感じがします。
後気になるのはナビとログの同時使用ぐらいですかね。
これは仮想シリアルドライバの改造だけで何とかなるんでしょうが、私はプログラム系はダメダメなので何とも・・・(==;

> いい情報ありがとでした♪
良いソフトをありがとうございます。>w<b
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。