スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TCPMPを起動する

さて、無事にインストールが終わったTCPMPですが、当然初期状態では呼び出しができないので、このままでは使用することができません。

ではどうするか?


今これを書いている時点では、Mayonnaiser(以下マヨ)を使用する方法と、PopUpMenu(以下PUM)を使用する方法が一般的なようです。
もちろん、たくさんの人が実際にやっているようなので、人柱が多い分安全と言えば安全です。(ぉ
(マヨやPUMを利用するやり方については、他サイトで詳しく紹介されているのでそちらをご覧下さいませ)


ただ、そのままでは既に何番煎じだかわからなくなっているので、ここでは初期メニューから強制的に呼び出しをしてみることにします。

ちなみに操作性や安全性は一切考慮していません。
「使いやすいか」ではなく「できるのか」を実験していますので。(゜▽゜;)


- 注意 -
・今回も当然、実行する場合は自己責任です。文句等は一切受け付けませんし(以下略

・ここではTCPMPがSDカード内の「\app\TCPMP」にコピーされていることを前提としています。
実際の環境と違う場合、置き換えて読んでください。

・今回はMP3アイコンをタップするとXMP3のかわりにTCPMPを呼び出すようにしています。


1.ActiveSyncを使い、PCとRM-A4000(以下ナビ)を接続する。

2.PC上からナビの「\Flash Disk\XCommon」を開く。

3.「CON_SET.INI」をPC上の任意の場所にコピーする。

4.PC上にコピーした「CON_SET.INI」をテキストエディタ(メモ帳とか)で開く。

5.14行目を次のように変更し、保存する。
 変更前「MENU_2_EXECUTE=\Flash Disk\XMP3\XMP3.exe」
 変更後「MENU_2_EXECUTE=\Storage Card\app\TCPMP\Player.exe」

6.元ファイルのバックアップをあらかじめとっておき、保存したPC上の「CON_SET.INI」をナビの「\Flash Disk\XCommon」内に転送する。

7.ナビを再起動し、MP3アイコンをタップする。


これでいつものXMP3のかわりにTCPMPを呼び出すことができます。

また、「CON_SET.INI」には他の設定も書かれており、[SETTING]下の「MULTITASKING」を1にすると、ナビ画面のときにスティック押し込みでメニューに復帰(初期状態では無理)できたり、GPS_PORTの設定があったりしますが、この辺りはまだまだ不透明です。

「ナビ画面の時にスティック押し込みでメニューに戻る機能」はいまいち動作不安定(戻ったり戻らなかったり)なことがあるので、通常使用する場合はPUM等で制御した方が良いでしょう。

GPS_PORTはナビを起動するときにGPSアンテナとSolomon双方にポートを割り当て、終了の度に解放しているようですが、この辺りは未だに推測しかしていません。
おそらくLPLog同梱の仮想シリアルドライバを改変すれば、この辺りにナビとログ取りの同時起動の突破口ができそうですが、そのお話は私にはさっぱりなので神が現れるのを待ちましょう。ヽ(゜▽。)ノ
スポンサーサイト

theme : カーナビ
genre : 車・バイク

comment

Secret

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。